産後ダイエットのキモは骨盤矯正

産後ダイエットのポイントは骨盤矯正

産後は、赤ちゃんが母体の産道を通ることによって骨盤が広がった状態になります。そこから徐々に時間をかけて元の状態に戻っていくわけですが、人によってはなかなか戻らない人もいるようです。

また、産後は授乳を行うので痩せやすい時期であるとも言われています。そこで、効果的なのが産後ダイエットです。

個人差はありますが、産後1ヶ月間は体調が不安定な状態なので、始めるならば大体産後1ヶ月半以降からが良いと言われています。

産後ダイエットで一番重要なのは骨盤矯正です。骨盤矯正のストレッチやヨガ、骨盤ベルトでの矯正等を行うことで、骨盤が広がりゆるくなっていたことで下がっていた内臓や筋肉などが元の位置に戻り、体全体のゆがみ、尿漏れや慢性的な肩こり、背中のこり等の不快な症状を治すことができます。

骨盤ダイエットをもっと詳しく → 産後ダイエットの秘訣は骨盤矯正にあり! | 産後ダイエットうぇぶ

このような産後ダイエットを行うことにより、体の不快な症状が解消されるので、今後体力を使う子育てにもより一層専念することができます。

骨盤矯正ダイエットの具体的な方法

骨盤がひらいてしまうと、体のバランスが崩れ、贅肉がつきやすくなります。特に女性は出産後に骨盤が開いてしまうため、太りやすくなります。

産後の骨盤矯正がその後の体形に大きく影響するため、ダイエットをしたい女性は医師に相談して、早めに矯正を始めましょう。

骨盤矯正を始める方は、まず、ガードルを使用する方法をおすすめします。サイズが大きすぎたりきつすぎたりすると効果が得られないので、自分のからだに合ったサイズのガードルを選ぶために、できれば店舗に足を運び、専門知識のある方にサイズを測ってもらうとより効果的です。

次に、整体で骨盤のずれ具合やずれの原因をチェックしてもらいましょう。自分のくせや姿勢など、日常生活で変えるべきところがないかをプロに相談してみましょう。

自宅でできる運動としては、ヨガをおすすめします。左右のバランスが崩れないように、右をひねったら次は左をひねるなど、左右対称の動きをすることが大切です。

骨盤矯正ダイエットにおすすめのアイテム

ダイエットを行うにあたり、単に体重を落とすことだけを考えていては理想の体型を得ることはできません。体の基礎は脂肪でもなく筋肉でもなく骨ですので、その骨がズレていては例え体重が減っても見た目は喜ばしいものにならないでしょう。

生活習慣や妊娠・出産など骨盤にかかる負担は大きく、何もしなければ歪みを増幅させてしまいます。骨盤矯正ダイエットは、体の基礎である骨の位置を安定させて、体重が減った時にお腹まわりにたるみが生じる危険性を解消してくれます。

おすすめは、骨盤矯正クッションやチェアの活用です。座っているだけで骨盤を安定させるのです。

仕事や休んでいる時は骨盤矯正をし、空いた時間でウォーキングやランニングで脂肪を燃焼することで理想の体型に近づくことができます。

また、骨盤を矯正するベルトも手軽でおすすめです。ベルトを巻いているので派手な動きは制限されますが、ウォーキングなどをすることで矯正しつつダイエット効果を見込むことができます。